私は20代のほとんどを飲食業の世界で生きてきました。若い内は将来のことを楽観視しており、まさか自分が違う世界へ挑戦することなどは思ってもいませんでした。

 

 転職することになったきっかけは、結婚でした。正直、飲食業界での過酷な労働条件に将来性を見出だせず他に何か手に職をと思いハローワークを尋ねたのです。

 

 ここで、アドバイスがあります。今やハローワークを頼らずとも世の中には様々な求人、転職サービスがあるのでインターネットなどで色々と調べてみるのも手だと思います。私の場合、職業訓練校に通うことも視野に入れていたのでハローワークを頼ることにしました。結果は良かったと思います。窓口の職員さんは丁寧に対応して下さり、希望通りWEBデザインの職業訓練校へ通えることが決まりました。

 

 職業訓練校は当たり外れがあるかもしれません。私が通った訓練校は意識の高い人と低い人が二極化しており、周りに惑わされてはいけないと自分のペースで学ぶことに徹しました。高い意識さえあれば訓練校が教えてくれること以上のことも学べるかと思います。

 

 訓練校を修了してからは、直ぐに仕事に就くことが出来ました。しかし、他の訓練生は中々仕事が決まらずに嘆いていたり、決まったとしても長続きせずに辞めてしまう始末でした。結局、学んだこととは関係のない職種に就いたりする人が多くいました。

 

 転職をするにあたって必要になるのは意志の強さがものを言うでしょう。私からすれば訓練校に通ってまでして転職を成功させずに元の居場所へ戻る人には意志を感じませんでした。

 

 転職を成功させた訓練生は僅かですが、その方達は今も成長を続けています。合う度に新たなるスキルを身に付けており、その都度、負けてられない!と大変な刺激を受けています。

 

【お役立ちサイト】
未経験の事務に転職する
未経験で事務に転職しようと考えている方のための情報ガイド!

 

サイトマップ|弁護士法人法律事務所MIRAIO

 

 「意志がある」ということは、その仕事に対して何かしらやり甲斐や楽しみを見出しているのかと思います。転職を決意し成功させるには本当に自分がしたいことであったり、生活レベルを向上させるための収入アップであったりするのではないでしょうか。そのように明確な目標がなければ成功しないのではないかと考えます。ただ、今の仕事が嫌で辞めたいということでは転職への道は険しいと思えます。