職活動を行なう際には、自分が転職で何を得たいのかを整理してみることは大切です。転職で目標とする場合、何を重要だと考えるのかは実に色々で、キャリアアップや将来性、または安定性を考えての転職であったり、賃金などの待遇改善を目指すもの、あるいは通勤時間の短縮や、ストレスなどからの解放など、転職の条件として、それら様々な条件を複合的に判断するのが一般的です。

 

 とにかく賃金アップを目指す人もいれば、ストレスがあまりなければ賃金は妥協するといった人もいますし、家庭の事情などで、とにかく家の近くで働きたいと考える場合もあるでしょう。つまり人それぞれで目指すべき形が異なるのです。ですから、転職活動を考えはじめた時には、自分が何を目指して転職を行なうのか、一度整理してみることは非常に大切です。まずは一つの理想の転職先を想定してみると、応募など、具体的なアクションが起こしやすくなるでしょう。もちろん実際には、妥協する事も重要で、通勤先であったり、休日や残業時間などで雇用条件などで、譲れない条件と、目をつぶれる条件、トレードオフしても良い条件とをまとめておくと良いでしょう。

 

 そうすることで、沢山の求人案件を目にしても、単に会社名や会社のイメージから転職先の希望を選んでしまうのではなく、本当に自分が納得できる転職先を見つけやすくなるはずです。